食生活が乱れて栄養のバランスを失うと精力減衰からEDにつながることもありえます。

MENU

食事の見直し

EDに悩んでいる人は食生活に問題のあることが多いです。
精力衰退が始まる平均年齢が下がっているのは、食生活に問題のある若者や自炊をしない独身者の比率が高まっていることも影響しています。

 

EDに効く栄養バランスの取れた食事

 

食事を見直す時は、規則正しくバランスの良い食事を心がけることを最優先にして、余裕があれば精力向上に良いスタミナ食材もしっかり食べることも意識しましょう。

 

EDになる1番の原因は動脈硬化

 

動脈硬化血液がドロドロになってしまうことで起こります。
若い頃のようなサラサラな血液を何歳になっても維持するのは難しいですが、加齢だけではなく食生活の乱れで血液がドロドロになっている人が多く見られます。

 

栄養不足が大前提にありますが、外食による油分の摂り過ぎやレトルトやインスタントによる加工食品の過剰摂取が原因になっていることもあります。
また、食事の見直しで勃起力を高めるには、一度の食事では限界があります。
スッポン料理など即効性に評判のあるスタミナ食材もありますが、頻繁かつ継続的に食べるのは困難です。

 

食事では即効性は求めず、血液をサラサラにして、EDの原因を抑制することを強く意識しましょう。
つまり、以下のような規則正しい食生活が重要です。

 

  • 食事は朝昼晩の3回に規則正しく食べる
  • 洋食だけではなく和食もしっかり食べる
  • 間食を控える
  • 糖分や塩分の過剰摂取を見直す
  • 外食を控える
  • インスタントやレトルトを控える
  • 野菜をしっかり食べる
  • 肉、魚、卵、ご飯、野菜、果物などをバランスよく食べるようにする
  • 規則正しい食生活を継続する

 

大きな問題点を解決するだけでも効果はある

 

EDに悩む男性は根本的に大きな問題を抱えているケースが多いです。
以下の例をご覧ください。

 

  • 毎日ビールを3本以上飲んでいる
  • 週に3回以上は外食してラーメンを食べる
  • 昼食は毎日カップ麺
  • 野菜を食べない
  • 卵や乳製品を一切撮っていない
  • ジュースやお菓子が大好き

 

ビールをたくさん飲む人はいきなりやめるのはストレスになるので、本数を減らしたり糖質カットのビールや焼酎のお茶割りに変えるだけでも効果はあります。

 

ラーメンをはじめ外食は家で自炊する料理よりも油が多く味付けも濃いです。ラーメンを食べる場合はスープはあまり飲まないようにしたり、油少なめにする配慮をしましょう。
1人暮らしの人は家で自炊することが少なくなり、結果的に栄養が偏って不足しがちな栄養素が増えて、健康に悪い食材ばかり食べてしまうようになります。

 

また、どれだけ3食の栄養バランスが良くても、ジュースやお菓子ばかり食べていては効果は限定的になってしまいます。
まずは大きな原因になっている部分を見直すことから始めましょう。

 

EDに効く食べ物

  • 牡蠣、レバー (亜鉛が豊富)
  • スイカ (シトルリンが豊富)
  • 鶏肉 (低カロリーにも関わらずタンパク質が豊富)
  • にんにく すっぴん (ホルモン分泌を活発にさせる
  • ニラ (アルシンが豊富)
  • うなぎ (ビタミン、亜鉛など総合的に栄養素が高い)

 

 

上記はあくまでも一例ですが、EDによく効く食べ物は頻繁に食べると飽きてしまったり、自炊でも手軽に食べれない高級食材や季節性のあるものが多いです。

 

EDに効く食べ物をなるべく多く摂るように意識することは大切ですが、最近は精力剤や精力サプリメントで補う方法が流行しています。