バイアグラはもっとも歴史が古く人気もある有名なED治療薬です。

MENU

バイアグラの効果

 

精力剤の説明を行う医師

バイアグラは精力剤の中でも歴史が古く人気の高いED治療薬です。
本来は病院に受診して処方箋を出してもらわないと手に入らないものですが、一部では不正に流通したり個人輸入代行などで海外医薬品を手に入れる人がいます。

 

なぜバイアグラを飲むとEDでも勃起力が復活するのかメカニズムと効果、服用時の注意点を解説します。

 

バイアグラの歴史

 

もともとは狭心症の薬として開発され、臨床試験の過程で勃起力アップする効果が発見されて、1998年にアメリカで男性器の勃起不全を適応症の薬として発売されました。
当時はED治療薬で高い効果のある商品がなく、世界中でヒットして日本にも個人輸入代行などで流通します。

 

高い効果を得られる一方で、服用方法には注意点が多く硝酸塩薬と併用すると副作用によって死亡してしまうこともあります。
死亡事故の事例が発生したこともあって、国内ではEDに悩む人以外からも知名度の高い薬になりました。
国内でも死亡事故と不正流通が社会問題になったことを受けて1999年に処方箋医薬品として認可されて正規ルートで購入できるようになりました。

 

今でも個人輸入代行でバイアグラは売られていますが、医師の診察を受けて正しい用法を守らないと危険な薬です。
また、知名度が高く人気もあるものなので個人経由や輸入品などは偽物も流通しています。
バイアグラは一般の泌尿器科、薬局でも取扱があるので使ってみたい人は受診することから始めましょう。

 

バイアグラの仕組み

 

勃起は海綿体の血管が拡張されて大量の血液が流れ込むことで起こる生理現象です。

 

海綿体に血液を送るための血管を広げるためには「環状グアノシンリン酸」という成分が必要で、通常は男性器をはじめ性感帯を刺激されることで体内で形成されます。
女性の身体を見たり触って勃起するのは脳が興奮することですが、性感帯を刺激されて勃起するのは環状グアノシンリン酸の影響が大きいです。

 

 

しかし、「ホスホジエステラーゼ」という環状グアノシンリン酸の働きを妨害して分解させる成分があり、EDの原因のひとつになっています。
バイアグラには、EDの原因になるホスホジエステラーゼの働きを抑えるシルデナフィルという成分が含まれていて、飲んでから一定時間は環状グアノシンリン酸を正常に作用させます。


 

これだけ聞くとホスホジエステラーゼは身体に悪影響を与える成分に見えますが、必要なときだけ勃起して、普段は勃起をしないように制御する役割を持っています。
バイアグラはホスホジエステラーゼ阻害薬に分類されていて、勃起の抑制成分を阻害して強制的に海綿体に血液を送り込む作用があります。

 

興奮状態や自律神経の影響をあまり受けずに勃起を促進するので、短期間しか効果はありません。

 

効果が出るまでの時間は個人差がありますが、平均的には飲んで30分で効果が現れて、1時間後にピークを迎え、4時間後にはピークの半分ほどに落ちてしまいます。
セックスをする直前に飲むのが望ましく、動脈硬化など体内に根本的なEDの原因があれば、その先も薬を服用しないと勃起力は得られません。

 

トラウマが原因など心因性EDの場合はバイアグラを利用して自信をつけることで、薬を使わなくてもEDが治るケースもあります。

 

過去には悪いニュースが頻繁に報道され、バイアグラは危険なイメージもありますが、正しい用法・用量を守れば安全性の高いED治療薬です。